2011年9月23日

ピクサーが描く蟻とキリギリスの物語「バグズライフ」を息子と観た。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
バグズ・ライフ [DVD]
B0007VZBMO  バグズ・ライフ(日本語吹替版)
- ☆☆☆☆☆

- 手に取った理由
 ピクサーの映画、「Mr.インクレディブル」のパッケージの中に入ってるチラシに「バグズライフ」があって、それに息子が興味を示したので。

- 感想
 期待してなかったからか、とても良かった。
 「ファインディング・ニモ」にも似た要素はあるけど、色々な虫が登場するので、子どもが興味を持ちやすい仕上がり。

 息子に、「これなに?」と虫の名前を聞かれて困ったけど、その直後に「僕はナナフシだよ」と自己紹介してくれたので助かったりと、親子でちょっとした虫の世界を楽しめる。

 お気に入りのシーンは以下。
 ・仲間をみつけて、空をみんなで飛んで帰ってくるところ。
 ・フリックを追いかけて、みんなで木の間を飛びぬけるところ。

 それと、この映画は、キリギリス的なバッタ?イナゴ?が高圧的な態度でアリたちと接するので、ちょっと恐い。
 そんなシーンを息子も恐いようで、「ちょっとこわい・・」といってしがみついてくる。
 特に、最初の種が全部川に落ちちゃうシーンは、落ち切るあたりから「うぅぅ・・」と涙ぐむ。

 と、まぁそんな感じで虫がたくさんでてきて、息子はお気に入り。

 自分としては、蟻とキリギリスのお話がリメイクされたテイストなので好き。
 できればもっとキリギリスに派手に遊んでもらいたかったと思うぐらい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...