2010年11月28日

Mac mini のバックアップを設定

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
TimeCapsule上に置いていたiPhotoのライブラリデータをMac miniに移動したこともあって、ついでにTimeMachineも設定した。

TimeCapsuleはすでにMacBookからのバックアップ先として指定してあるので、それぞれ競合しないよう、かつ容量を切迫しあわないようにバックアップファイルの上限を設定することとした。

やりかたは以下


参考にしたのは、以前やった作業「Time Capsule のパーティションを切ってみる。
しかし、まとめ方が悪く、ちょっとてこずった。

手順を一部追記して、以下の作業を実施。
1. Time Machineをオフ.(念のため、他のPCからのアクセスがないようにする。MBのTimeMachineの設定も一時的に解除etc)
2. アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを起動
3. [ファイル]>[新規作成]>[空のディスクイメージ]
 3-1. パーティション項目を"ハードディスク"に
 3-2. イメージフォーマットを"スペースバンドル・ディスクイメージ"に
 3-3. 名前を"TimeCapsuleのマシン名_自分のPCのMACアドレス"とする
4. 作成したディスクイメージをTime Capsuleに移動し,マウント
5. ディスクユーティリティで,マウントされたボリュームを取り出す.
6. ディスクイメージの[イメージサイズの変更]をクリックし,使用したい容量を決める (※ 今回は600GBに設定)
7.一度パーティションを削除し,再び最大容量で(1パーティションで)パーティションを作る
8.Time Machineをオン.(ディスクを変更で、改めてディスクを選択。パスワードを訊かれたら入力。)

※ 以前は、手順の最初の方でTimeCapsule内のデータをフォーマットすることを記載してたけど、不要らしい。

以上


B003S9VOH8

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...