2017年8月10日

GTDを意識したタスクやプロジェクトのフロー@2017夏

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


2012年や2011年にも整理してみたが、今回は今までよりもちょっと細部まで記載してみた。

○2012年
「Normal is Best.: Evernote/Pogoplug/Dropbox/RTMのリストを見直したら、ビックリするほどシンプルになった。」
https://hkawahara.blogspot.jp/2012/02/evernotepogoplugdropboxrtm.html
○2011年
「Normal is Best.: 気になることを整理する基本フローをまとめた。〜RTM/Gcal/Dropbox/Pogoplug/Evernoteの使い方〜」
https://hkawahara.blogspot.jp/2011/05/rtmgcaldropboxpogoplugevernote.html

家族のタスク管理や仕事のタスク管理がかなり煩雑になってきているので、早いところ枠組みを作らないと詰みそうだ。

2017年8月3日

redmineをインストールしてbacklogと比較してみた

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
redmineのインストールに参考にしたのは、
「さくらのVPS上にBitnami Redmineをインストールする[新人エンジニアのタスク管理] - Qiita」
http://qiita.com/hirofumihida/items/f3a93f59590329ab6c36
「Linux + bitnami で redmine 環境を作る - Qiita」
http://qiita.com/one-cup/items/93fd5969f4fefb089beb
「Install Redmine, Download Redmine」
https://bitnami.com/stack/redmine/installer
「ダウンロード — Redmine.JP」
http://redmine.jp/download/

ざっと入れて見て、portが被ってるってことなので、httpとhttpsとmysqlを追加した。
しかし、アクセスできず。
iptablesでportを開放して疎通

redmineの起動をserviceに設定

初期設定する際に参考にしたサイト
「Redmineを使い始めるための初期設定 — Redmine.JP」
http://redmine.jp/tech_note/first-step/admin/

文字が小さいので、テーマのCSSを直接いじって全部のfont-sizeを+3px

チェックリスト機能を追加して見たけど、編集画面上でしか操作できない。
「RedmineのMarkdownでTask listを使えるようにする - Qiita」
http://qiita.com/EichiSanden/items/87ac4aaeb754341775a9
ので、こっちを使ってみる。
「Redmineのチケットにチェックリストを追加する | CodeLab」
https://codelab.website/redmine-checklist-plugin/

親子チケットをツリー表示
「Redmine Issues Tree - Plugins - Redmine」
http://www.redmine.org/plugins/redmine_issues_tree
なんかエラー出たので対応
「Bitnamiで構築したRedmine3.3.2に『Redmine Issues Tree』プラグインをインストールしようとした話・・・ | Keep it up!」
http://k99-tech.com/blog/archives/575

と、ここまでやってみたけど、ツリー表示の勝手が悪いことと、チェックリストの使い勝手の悪さが把握できたので、Backlogに戻ることにした。

6時間ぐらいかけたのに。。。

2017年8月1日

今年で教員6年目。そろそろプロフィール変えたい。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
8月になり、緊急なタスクが減ったので、気持ちの余裕が少しだけできた。

先月末の職場の研修会でスピーカーとなったことで、色々な情報に触れ、セルフブランディングを改めて見直したいと感化された。

現在の自分の役割が多く、全てを一つの場所で発信しようとするとごちゃつく気がしている。
●教員(担任、教科主任、コース長、教務部、入試相談、委員会リーダ、部活顧問2つ、特任プロジェクトのリーダ)
●元SE
●三児の父
●共働き夫婦
●少年サッカーチームのパパコーチ(わりと本気)
●資格ゲッター
●GTD志向のタスク管理マン
●ガジェット、食べ物、お出かけ好きだけど、多忙過ぎて引きこもりなブロガー
●これらに乗じて何か収益がでないか虎視眈々と狙ってるアフィリエイター
パッとあげるだけでもこんなところか。

と書き出したところで、個別の場所を作ったらさらに管理しづらくなるな、と気付いた。

少し心の余裕があるうちに、色々な準備に取り組みたい。

日記的な長文になってしまったが、今の自分を振り返る良い機会だ。
 

2017年7月17日

「嘘の見抜き方」というよりも「嘘との付き合い方」と捉えると建設的なコミュニケーション方法が見えてくる

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
最近見た映像に関してのメモ

「パメラ・メイヤー「嘘の見抜き方」|一橋大卒ホスト 武田誠司のブログっぽいなにか」
https://ameblo.jp/stakedadada/entry-12242300574.html

嘘は共同作業である

嘘をついている人は無意識に嘘の対象について距離を置く言葉を使おうをするのです。
もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの修飾する言葉を使っていたとしたら嘘発見人には決め手になります。

この二箇所は、確かに、と思うところがあった。
嘘を拒絶するのでなく、嘘を通して、その人が何を考え、何を目的としてコミュニケーションを取ろうとしているのか考えると、対応の仕方が増えそうだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...