2014年8月19日

iPadからmoodleへ課題提出する手順の概要メモ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
iPadにはファイルという概念が無いので、moodleへデータを提出させるのに苦労する。
いまだに正規の方法が見つからないが、妥協案を書き留めておく。

まず結果から。

moodleにGoogleDriveのプラグインを設定し、データ提出時にGoogleDrive上のファイルを指定できるようにした。

「Google Drive repository - MoodleDocs」
http://docs.moodle.org/25/en/Google_Drive_repository

Office365も使い始めているので、Office系のデータはOneDriveで管理して、moodleでデータ提出する際にOneDriveを参照できるようにしたかった。
しかし、

「OneDrive repository - MoodleDocs」
http://docs.moodle.org/26/en/OneDrive_repository

「Moodle plugins directory: Microsoft Skydrive: Download versions」
https://moodle.org/plugins/pluginversions.php?plugin=repository_skydrive

「Download Moodle and Office 365 Guidance from Official Microsoft Download Center」
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39932

などを試してみても、個人アカウントのOneDriveであれば使えるものの、Office365の方のアカウントでは認識され様子。

moodleはとても高機能だけど、外部システムとの連携はまだまだ発展途上。
Google Classroomが活発になれば状況は変わるのかもしれない。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...