2013年8月14日

Bootcampの容量拡張がWincloneで簡単にできた。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
MacBook Air(Mountain Lion:10.8.4)のBootcampを使ってインストールしてあるWindows7の容量が、残り100MBを切ってしまったので、容量拡張をした。

Windows7の不要ファイルを削除すれば済むのでは、という意見もあるが、今までやってきたし、そもそも25GBしか割り当てていなかったので、今回は容量拡張へと踏み切ることとする。

色々と調査したが、Wincloneというソフトを使って実施するのが最も確実な様子。

- Winclone
 http://twocanoes.com/winclone/
(現時点での最新版はWinclone4)

シェアウェアではあるが、3000円程度なので、この額で手間と安心が得られるなら安いもの。

やってみたところ、全く問題なく作業が完了した。

やったこと。
1.Wincloneのインストール
2.Bootcamp用のパーティションのイメージをバックアップ
3.Bootcamp用のパーティションを削除
01_bootcamp_win7削除02_bootcamp_パーティションの統合
4.ディスクユーティリティでパーティションを追加
03_ディスクユーティリティ_パーティション追加
5.Bootcamp用のパーティションにバックアップしたイメージを復元
04_winclone_復元
6.起動ディスクの設定の確認と変更
05_起動ディスクの変更06_起動ディスクの変更_ロック解除
7.Bootcampの起動確認
IMG_6147

といったところ。
Windows7の起動後、ディスクチェックを始めたときはちょっと焦った。
Office系のライセンス確認があるかとちょっと構えていたが、そんなことはなく、何も聞かれず。
イメージのバックアップと復元にそれぞれ30分程度ずつかかったが、それ意外の作業は5分程度。
とても楽だった。

とても楽だったので、またやればいいやと思い、Windows7には30GBしか割り当てなかったことがどういう結果になることやら。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...