2013年2月6日

時間が通貨となった映画「TIME/タイム」を観た

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
TIME/タイム [DVD]
B00A9OS96E TIME/タイム (字幕版)

- ☆☆☆☆☆

- 手に取った理由
 時間が通貨となる設定がとても気に入ったので。

- 感想
 「時間を稼ぎ、時間を使う。」という設定に、自分の価値感が揺らいだ。
 とてもハイテクな世界だけど、ケータイやその他の通信端末が登場してこないことに違和感。

 時間の受け渡し方法と奪い方が最初に説明されるのは良心的。

 「タイムゾーン」についての説明が弱い。

 人が増えれば、消費される時間も増えるわけだ。
 時間の動きが監視されてるようだけど、どうやって監視しているのかが不明。

 「貧困層は睡眠を減らして生きてる」や、「走って移動する」という部分には感動した。

 時間を分配。
 権力の崩壊。
 テーマが深い。

 テレビやパソコンが出てこなかったのは、そんなことに時間を浪費している余裕は無いという設定なのだろうか。
 その他の娯楽も一切無い様子。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...