2012年12月30日

「コーチングの技術」を読んだ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
コーチングの技術 (講談社現代新書)
4061496565

- ☆☆☆☆☆

- 手に取った理由
 先日読んだ「ドラゴン桜」でススメられていたので。

- 感想
 興味深いトピックが多い。上司と部下以外の関係でも色々と取り入れられそう。

 以下、内容について。

 ・コーチングは、一時の流行ではなくこれからの社会を根底から支えるコミュニケーションの方法。子育てや教育の分野にも取り入れられるべき。
 ・「魔法の言葉」(指導者が具体的でわかりやすい行動のヒントを与える)
 ・相手がすでに知っていることを引き出す
 ・知らない人にはティーチングが必要
 ・明確な枠組みがないとコーチングは機能しない
 ・仕事と役割の違い
 ・質問の技術
 ・待つ〜沈黙の技術〜
 ・褒め言葉を使った「支配」
 ・「サポート」と「ヘルプ」の使い分け
 ・「サポート」の基本は「相手が学ぶ能力を持つ」という前提を持つこと。
 ・ストレッチ〜自分にまともでない要求をしてみる〜

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...