2012年12月29日

「子どもの秘密がなくなる日」を読んだ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
子どもの秘密がなくなる日―プロフ中毒 ケータイ天国 (主婦の友新書)
4072733474

- ☆☆☆☆

- 手に取った理由
 情報リテラシー教育をどう進めていこうか悩んでいるので。

- 感想
 親が関心を持つこと。リテラシーに優るフィルタリングは無い。フィンランドが参考になりそう。

 以下、内容について。

 ・親の世代では「プロフ」とか、最近のWebサービスの存在を知らない
 ・「リアル」で自分の連絡先を公開
 ・こまめな書き込みは思考を溜められない。
 ・学校への持ち込みテクニック
 ・プリクラの有料会員
 ・ネットいじめは小6か中1まで。
 ・SNSがプロフ代わり
 ・「頭にフィルターをつけよう」フィンランドの成句
 ・子どもがプロフにはまるのは「他にやることがない」から
 ・ケータイを使う際のルール作り
 ・ルールは目に見えるように貼り出す。

 著者の意見でいくつか同意できない箇所がある。
 ・芸能人でもないのに自己アピールをしたがるのは何故か。
 この点に関してはちょっとズレてるなと感じた。

 「プロフ」の魅力としては、自分が唯一持つ情報端末であるケータイだけで自分のスペースが作れることにあったのでないか。
 でも、この魅力も今や薄れて、Facebookやtwitter、アメブロ、アメーバピグあたりに乗り換えが進んでいるのだと思われる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...